​美貴惠
​Mikie
 

© 2019 by Mikie created with Wix.com

断つ

命はなぜ尊いのか。それは命が永遠に続くものではなく、必ず終わりがくるものであるからだ。生きるもの全てにそう言えるが、自分自身の命も、何にも代え難く尊いものである。だが、その意識は時として希薄になり、自らの人生に見切りをつけて命を断つ、または軽んじ、蔑ろにしてしまうのは人間独特の心理や行動のように思う。生き物をモチーフにした模様を布全面に施して染め上げ、それを自らの手で裁ち切ることで、自ら命を断つという行為を臨時的に体験することを試みた作品である。 ろうけつ染め/絞り染め 綿 300×90 2017年